公務員が副業で声優をすると…懲戒処分になることも

公務員が副業で声優をすると…懲戒処分になることも 公務員ができる副業・できない副業

声優は、人気職業として定着しています。
かつては俳優の副業的なイメージで語られることもありましたが、今や声に関わるエンターテイナーとして幅広い分野で活躍しています。
アニメや洋画の吹き替えをはじめ、TV番組のナレーター、ラジオパーソナリティー、CDのリリースや大会場でのライブなど、声に関わるエンターテインメント全般が活動の場になっています。

そんな人気職業である声優に公務員がなれるのでしょうか。

公務員も声優になれるし、なった人もいる!

公務員も声優になることができます。

確かに、容易な道ではないでしょう。
しかし、実際に公務員から声優になり、しかも超人気声優として大活躍されている方がいらっしゃるのです。

『ONE PIECE』のゾロ役などで有名な「中井和哉」さんです。

中井 和哉(なかい かずや、1967年11月25日 – )は、日本の男性声優、ナレーター。兵庫県神戸市出身。青二プロダクション所属。

代表作は『機動新世紀ガンダムX』(ウィッツ・スー)、『ONE PIECE』(ロロノア・ゾロ)、『銀魂』(土方十四郎)、「戦国BASARAシリーズ」(伊達政宗)などがある。

ウィキペディア(Wikipedia)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E4%BA%95%E5%92%8C%E5%93%89

中井和哉プロフィール(青二プロダクションHP)

中井和哉さんは1967年11月生まれ、兵庫県神戸市出身、高専卒業後に地元自治体の公務員となったそうです。
1988年4月に神戸市に技術系職員(土木)として入庁ということなのでしょう。

公務員を5年続けたあるとき、公務員として一生過ごすことに疑問を持ち、声優になることを思い立ったそうです。
公務員が週休2日制になったタイミングでもあったため、土日で通える青二塾大阪校に通いはじめたとのことです。

公務員の週休二日制がはじまったのが1992年ですから、入庁6年目、1993年4月に青二塾大阪校11期となった、計算もあっています。

公務員として勤務を続けながら青二塾大阪校に2年間通ったそうです。
役所の昇級試験と時期的に重なっていたため、家に帰って寝てしまわないように塾のレポートをファミレスでやっていたというエピソードも。
卒業後は青二プロダクションへの所属が決まり、それを気に公務員生活8年で退職されたとのことです。

ちなみにプロダクションに所属が決まるのは年度末だったとのことなので、事前に上司と相談もできず、退職はあわただしいものだったそうです。

その後は1995年に役を取りはじめ、翌1996年には『ONE PIECE』のゾロ役を勝ち取り、一気にスターダムに駆け上がっています。

とんでもないサクセスストーリーです。
中井和哉さんは天賦の才の持ち主であり、とてつもない努力の方でもあります。
彼だからできた、という面は否定できません。

しかし、現実にあったことでもあるのです。

役所側から見たら…

ただ、役所の側から見れば、中井さんは困った職員です。
当時の中井さんは入庁7年、昇級試験も受けて、これから職場の中心となってほしい職員です。
損な職員から「声優になるから退職する」といわれたのです。

上司は何が起こったのか理解できなかったでしょう。
しかも定数もポストも決まった年度末になってやめるといわれたのです。
役所的にはあり得ない事態です。

役所的発想なら、徹底的に引き留めようとしても不自然ではありません。
場合によっては親を説得してでも引き留めようとするところもあるでしょう。

しかし、神戸市役所は退職を認めました。
神戸市役所は懐が深いところです。

そしてその判断は正解でした。
中井さんの才能を世に開放したのですから。
もし引き留めていたら、大きな社会の損失になっていたことでしょう。

公務員が声優を副業にすると

中井和哉さんの事例で、公務員も声優になれる、少なくとも不可能ではない、ということがわかりました。

では、公務員が声優を副業にしたらどうなるでしょう。

公務員が声優を副業にすると懲戒処分

公務員が副業で声優をしていたために停職4カ月の懲戒処分になった事例があります。

22年間声優の副業をやっていた福岡県職員が停職処分に

 福岡県は2月21日、22年間にわたり、無許可で声優として副収入を得ていた上、収入に伴う納税を怠っていたとして、県土整備部の男性職員(52)を、副業を禁じた地方公務員法に基づき、停職4カ月の懲戒処分にした。

 職員は県に採用前から、フリーの声優として活動。91年の採用後も、無許可で副業を続けた。約7年前からは、福岡市内にあるタレント事務所と専属契約を結び、「マイケルT」の芸名を使って、月7〜8回、年間で100回程度、CMやテレビ番組のナレーションの仕事をこなしていた。昨年12月に外部から指摘があり、発覚した。

 声優の副業は、主に福岡市内のスタジオで、平日の勤務後の夜間に収録していた。08年以降、年間240万〜320万円の収入があったが、所得税などを申告していなかったため、発覚後、12年度まで5年間の収入(約1400万円)に伴う、住民税や所得税の追加課税分約147万円を納付したという。

 県の聞き取りに対し、職員は「周囲に迷惑をかけ反省している。声優の収入は一定ではなく、まだ子どもが学生なので、今後はやめ、県職員として勤務したい」と話しており、所属事務所との契約はすでに解消されている。

 県によると、職員は93年から現在まで公用車の運転手をしていたが、処分後、職員として復帰する予定。

 ここ5年間で、約1400万円の収入は、“副業”としては、決して少ない額ではない。声優の仕事が好きで、なかなかやめられなかった心情は分からぬではないが、明らかな地方公務員法違反。県に採用になった時点で、やめるべきで、声優を続けたかったのであれば、副業可能な職に就けば良かったのだ。
(蔵元英二)

リアルライブ 平成26年2月28日 https://npn.co.jp/article/detail/65952204

外部からの通報で発覚とのことですが、福岡県では知られた方だったようです。
活動の範囲も広く、一流企業のナレーションを担当していた売れっ子声優さんだったとのことです。

 福岡県の男性職員(52)が20年以上にわたり、声優の副業をしていた。結構な売れっ子で、サントリー、ホンダ、九州電力といった一流企業のテレビCMのナレーターも務めていた。

J-CASTニュース 「テレビCMもしていた売れっ子声優、実は福岡県職員 20年以上なぜ副業バレなかったのか」 https://www.j-cast.com/2013/12/18192098.html

代表作として挙げられているテレビCMは、サントリー、NTT、ホンダ、サッポロビール、ハウステンボス、三越、イオン、JR九州、九州電力など、大企業な名前がズラリと並ぶ。

CMだけでなく、FBS福岡放送「めんたいワイド」、NHK福岡放送局「トンコツTV」「トンコツRADIO」TNCテレビ西日本・BSフジ「ドラゴンゲート特番」などでもナレーターを務めていた。

J-CASTニュース 「テレビCMもしていた売れっ子声優、実は福岡県職員 20年以上なぜ副業バレなかったのか」 https://www.j-cast.com/2013/12/18192098.html

公務員の副業は制限されている

公務員の副業は制限されています

地方公務員は地方公務員法第38条で任命権者の許可を得ずに自ら営利企業を営むことが禁じられています。

(営利企業への従事等の制限)
 職員は、任命権者の許可を受けなければ、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下この項及び次条第一項において「営利企業」という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。ただし、非常勤職員(短時間勤務の職を占める職員及び第二十二条の二第一項第二号に掲げる職員を除く。)については、この限りでない。
2 人事委員会は、人事委員会規則により前項の場合における任命権者の許可の基準を定めることができる。

地方公務員法第38条

任命権者の許可を得るためには一定の基準を満たす必要がありますが、声優業はこれを満たすことが困難です。
そのため、声優業で任命権者の許可を得ることは困難であり、許可を得ないで声優業をすることは地方公務員法第38条に違反することになります。
これは懲戒処分の対象となります(地方公務員法第29条)。

上記の事例ではそのとおり、懲戒処分となっています。

公務員と声優の二つの現実

中井和哉さんは公務員となったのちに声優を志し、声優となったときに公務員を退職しています。

一方、懲戒処分となった職員は、声優活動を続けながら公務員としても働いていました。
懲戒処分となった後、声優を辞めて公務員を続ける判断をしました。

中井さんは公務員でありつつ声優になろうとしていました。
公務員であることと声優になることの二つの現実をしっかり区別していたのだと思います。

一方、懲戒処分となった職員は、声優であることと公務員であることを両立しようとしました。
法令上両立しえない二つの現実を区別できていなかったのではないでしょうか。

その結果、一方は超人気声優として賞賛を受け、他方は声優を辞めることとなりました。

公務員が声優を副業にすることは…

公務員も声優になることができます。
実際に声優になられた元公務員もいらっしゃいます。

しかし、公務員が声優を副業にすることは、極めて危険な行為です。
通報によって発覚しやすく、発覚すれば懲戒処分となるおそれの大きいものです。

公務員であることと声優になることは両立可能です。
しかし、公務員であることと声優であることの両立は危険です。
いずれかを辞めざるを得なくなります。